グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




共同研究


ホーム > 企業の方へ > 共同研究

共同研究は、企業様等の技術上の課題について、大学に研究経費を受け入れて、企業様等の研究者と大学の教員とが共同で研究を行うことで解決を図る仕組みです。

共同型と分担型

共同研究には2つの型(タイプ)があります。
共同型

企業様等の研究者を大学の研究室に受け入れて共同で行う共同研究

【メリット】
大学の設備等を主体として研究し、共同業務を通した人材育成にも有効です。

【企業様等の負担経費】
大学側で必要な研究経費
[直接経費+一般管理費(直接経費×10%)] + 共同研究員の研究料 [年額42万円/人]

分担型
大学及び企業様等の研究室において、役割を分担して行う共同研究

【メリット】
両者それぞれの設備や研究員の特性を活かし、相乗的に成果を創出していくことができます。

【企業様等の負担経費】
大学側で必要な研究経費
[直接経費+一般管理費(直接経費×10%)]


共同研究の研究担当者・題目・内容・期間等についてご不明な点がありましたら、 コーディネータがガイド致しますので、お気軽にご相談ください。

共同研究の手続き

契約締結~終了までの流れ図

クリックで拡大

契約締結~終了までの流れ図

クリックで拡大

1. 検討

コーディネータがサポートして共同研究のマッチングを行います。必要があれば秘密保持契約書を締結します。

2. 申込み

共同研究申込書(企業等)、共同研究申請書(教員)にご記入の上、原則として研究開始日の1か月前までに学術情報部産学連携支援課にご提出いただき、共同研究の研究期間や研究経費等内容を確認・調整します。

共同研究の申込書、申請書、記入要領はこちら

3. 審議・承諾

イノベーション社会連携推進機構において、「申込書」「申請書」に基づき審議を行い、共同研究を承諾します。

4. 契約交渉

産学連携支援課から企業に契約雛形を提案し、契約条項について契約交渉します。

契約書ひな形はこちら

5. 契約締結

契約交渉の結果、契約内容に合意したときは、契約書を作成し、契約を締結します。

6. 経費お支払い

契約締結後、大学から送付する請求書に基づき、共同研究経費をお支払いいただきます。

7. 実施

企業様等と大学の研究担当者で共同研究を実施します。

8. 報告書作成

共同研究終了後に、企業様等と大学の研究担当者で実績報告書をとりまとめて産学連携支援課に提出いただきます。

対象となる研究分野

当機構では、主に次の分野でプロジェクトを設定し共同研究・開発を推進しておりますが、 今後は特に分野を限定しないで地域社会の要請に柔軟に対応した幅広い学術的共同研究や 新しい分野の研究開発に対しても積極的に取り組んでまいります。

1. 光・電気機械
2. 機械システム
3. エネルギーシステム
4. 電子機能素子・電器・システム
5. 電子・機械・化学新素材
6. 情報システム
7. バイオテクノロジー・食品
8. 環境科学・技術

共同研究契約前の秘密保持

静岡大学では、共同研究を検討する前に技術的情報・資料等を相互に開示する場合は、必要に応じて秘密保持契約を締結して行っています。

問い合わせ先

学術情報部産学連携支援課
電話 053-478-1002
FAX 053-478-1719
E-mail kenkyu3@adb.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ戻る