企業の皆様

試料提供(研究成果有体物)

研究成果有体物に関するルール

静岡大学は、研究成果有体物について、 研究成果有体物取扱規則研究成果有体物取扱等細則 で定めています。 規則の要点は下記の通りです。

【研究成果有体物の定義】

「学術的・財産的価値のある物質、材料、試料、装置等の有体物」で、
⇒研究開発の際に創作または取得された物で、研究開発の目的を達成したことを示す成果物
研究成果を得るために利用される物
⇒創作または取得するに際し、派生して創作又は取得された


例えば、試薬、化合物、岩石、ウイルス、細胞株、微生物、遺伝子、蛋白質、
 植物、実験動物、試作品、実験装置などです。
 (論文や講演など、その他の著作物に関するものは除きます。)




【教職員の責任】

1)法令等の遵守
   研究成果有体物の取扱い・提供・受入れに際して、生物多様性条約、外国為替及び
   外国貿易法等の関係法令、条約及び国の定める倫理指針を遵守します。
 2)守秘義務
   研究成果有体物について、既に公表されたもの、公表が認められたもの、秘密保持
   契約等締結の下に開示する場合を除いては、守秘義務が課せられています。
 3)管理責任
   研究成果有体物を用意に他人に知られ、または持ち出されないよう管理します。
   研究グループ等の研究成果有体物の管理・保存は、その長が責任を負います。




【研究成果有体物の帰属】

静岡大学教職員等により、職務上得られた研究成果有体物は、別段の定めがない限り、静岡大学に帰属します。




【研究成果有体物の提供】
  ⇒関係者の合意を得た上でイノベーション社会連携推進機構長の承認を得る必要があります。
  ⇒原則として提供先との間で研究成果有体物提供契約を締結する必要があります



ページ上部へ戻る

研究成果有体物の取扱い

外部機関


静岡大学教職員等により、職務上得られた研究成果有体物は、別段の定めがない限り、静岡大学に帰属します。

研究成果有体物を外部機関へ提供する場合、または外部機関から受領する場合は、 イノベーション社会連携推進機構へ届出をして下さい。 届出書の内容に基づき、原則として外部機関と研究成果有体物提供契約書(MTA)を締結します。
寄託機関への寄託および寄託機関からの分譲については、寄託機関が定める同意書の締結が必要となります。






【外部機関等への提供および受入れの届出】


窓口 イノベーション社会連携推進機構
問合せ先 TEL   053-478-1414
FAX   053-478-1711
E-mail 有体物 メール

ページ上部へ戻る


研究成果有体物の関係法令

関係法令



「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」

「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令の規定に基づき 認定宿主ベクター系等を定める件の一部を改正する告示」(文部科学省)

「カルタヘナ議定書」

「組換えDNA実験指針」

「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理方針」

「動物愛護及び管理に関する法律」

「実験動物の飼養及び保管等に関する基準」

ページ上部へ戻る

研究成果有体物に関するトラブル防止のために

〔事例〕


 例1) 共同研究契約への違反により、特許出願ができなかった
     (原材料と共同研究で得られた中間生成物について、論文に発表した)


 例2) 契約違反(目的外使用等)により企業とトラブルになった
     (原材料を他社に開示して、さらに無償で提供した)


 例3) 成果有体物の譲渡で、他者の権利が存する材料を使用する等、権利が混在
     した成果有体物であったため、ライセンスを断念した。

矢印

イノベーション社会連携推進機構では、上記のようなトラブルを回避するために、研究者のMTA に関する理解、国内外の法令遵守を呼びかけています。
今後も、研究成果有体物の学内サポートを充実させ、研究者が適正な成果有体物の取り扱いを行えるように、学内へ周知、啓発活動を進めていきます。

〔実務事例〕


 α) DNA を外国に送る場合
    DNAは、もはや生き物ではないので検疫の必要はありません。
    カルタヘナ条約に準じた手続きも不要です。
    生き物ではなくても、DNA は生物由来産物であるので、相手によっては通関手続きで
    手間取ることがあります。貨物に通関担当者宛の手紙を添えておくことを推奨します。


 β) アメリカにプラスミドDNA を送った際、通関手続きで留保された場合
    申告する正式な手紙(研究機関のレターヘッドが入った宣誓書)を要求されたら
    「同じ実験室内に病原性の菌を扱っている人がいない。家畜が
    研究室内にいない。」事を宣言する。


 γ) 外為(安全貿易管理)対応(貨物を受け取る相手側の準備)
    輸出先の相手から見れば、培地に血清が含まれていれば動物材料の輸入になります。
    受け取り手に、Veterinary Permission あるいはPermit to Import Quarantine Material     と呼ばれる手続きをお願いすることになります。輸入が厳しい国(ex.オーストラリア)は必須です。


ページ上部へ戻る




研究成果有体物の提供に関する考え方

下記のような場合は、研究成果有体物として取り扱ってください。

詳細は、イノベーション社会連携推進機構までご相談ください。

有体物の提供

ページ上部へ戻る

静岡大学バナー