企業の皆様/学内の皆様

学術・技術指導ガイドライン

1.学術・技術指導とは

企業等の業務活動において生じた課題について、本学が委託を受け、本学教員が教育、研究及び技術上の専門的知識に基づき技術指導、監修、各種コンサルティングなどの手段により課題解決を図るものです。 指導担当者・題目・内容・期間等についてご不明な点がありましたら、イノベーション社会連携推進機構のコーディネータがガイド致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る

2、学術・技術指導の手続き
  ・手続きの流れ

技術相談のしくみ


  ・申込みから完了までに、御申込者に対応いただく手続き
.魁璽妊ネータがサポートして学術・技術指導のマッチングを行います。
  ※マッチングには「技術相談制度」をご活用ください。必要があれば秘密保持契約書を締結します。
▲ぅ離戞璽轡腑鷦匆駭携推進機構に、企業様等から申込書をご提出いただき、指導期間や指導経費等内容を確認・調整します。
「申込書」に基づき書面審議を行います。
こ惱僉Φ蚕兒愼海鮠蟻し、承諾通知書を発行します。
  ※指導経費が100万円を超える場合、またご希望の場合には「学術・技術指導契約」の締結をいたします。
ゴ覿藩妖から大学に、指導経費をお支払いいただきます。
Υ覿藩妖と大学の指導担当者との間で学術・技術指導を実施します。
Щ愼鈎甘者より指導報告書をイノベーション社会連携推進機構、産学連携支援課に提出し、指導を完了します。

   ・手続き上の留意点
・学術・技術指導をお申し込みの際には、静岡大学学術・技術指導要領を事前に良くご理解いただいた上で、お申込みください。

3.学術・技術指導に要する経費

企業等に負担いただく経費は、学術・技術指導に要する直接経費、及び間接経費(直接経費の20%)の合算額です。
なお、直接経費とは以下の費用を指します。
 ◇学術・技術指導者の知識、ノウハウ等の提供の対価としての指導料
   ※本指導料は1時間につき1万円(税抜)より算定される額を最低といたします。
 ◇学術・技術指導に直接必要な旅費及び交通費
 ◇消耗品費及び印刷費等の物件費
 ◇協力者にかかる人件費及び謝金
 ◇上記を除く、直接的に必要となる経費

4.学術・技術指導の受入に関する留意事項
 以下の場合は、学術・技術指導をお断りさせていただく場合があります。予め御了承ください。
  ゞ軌の教育、研究及び技術上の専門的知識を必要としない内容である場合。
  教員の本来の教育研究に支障をきたす恐れがある場合。
 ※事前に、本学技術相談制度を御活用いただくなど、教員、コーディネータとの事前の協議をお勧めいたします。


5.学術・技術指導の内容に関する留意事項
 学術・技術指導に該当する内容は、「本学教員の研究及び技術上の専門的知識に基づいて行う技術的指導、監修・編集、コンサルティング」です。
 以下の内容は含みませんのでご注意ください。
 ◇教員が御申込者(企業等)の外部役員等に就任した上で、御申込者に指導を行う場合。
 ◇不特定の方を対象とする一時的な講演(教員等の研究に関連するか否かは問いません)
  例)一般向けの講演=特定の課題を解決するものではない講演
 ◇学生への教育を目的とした講義・授業
 (幼稚園・小学校・中学校・高校の学生、社会人学生への講義も含みます)
 ※上記3例について御希望の方は、本学の他制度を紹介いたします。


6.お申込み先
窓口 イノベーション社会連携推進機構 産学連携推進部門
浜松オフィス 住 所:〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3丁目5−1
TEL. 053-478-1718
TEL. 053-478-1711
静岡オフィス 住 所:〒422-8529 静岡県静岡市駿河区大谷836
TEL. 054-238-4630
TEL. 054-238-3018
メール共通 E-mail 産学 メール

ページ上部へ戻る


静岡大学バナー