グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




コーディネータ(特任教員)公募のご案内


ホーム > お知らせ > コーディネータ(特任教員)公募のご案内

静岡大学イノベーション社会連携推進機構は、産学官連携に関わる戦略を全学的、かつ、一体的な観点から確立し、静岡大学の教育研究成果を社会に積極的に還元するとともに、地域や静岡大学の持続的な発展に資することを目的としている組織です。
機構に属するコーディネータは、大学と企業、大学と地域という異なる立場をつなぎ、地域や企業のニーズに大学の知で応えるべく活動しています。

今回、知的財産にかかる知識を有する方を対象としてコーディネータを募集しています。
実際の業務においては、最先端研究の発明発掘から技術移転まで広く産学官連携活動をご担当いただきます。
大学と社会の橋渡し役として、これまでの知識や経験を活かしてみませんか?

機構詳細については、こちらをご覧ください。



知財インターンシップ報告会

Bio tech 出展

静岡大学 新技術説明会

募集要項

職名・公募人員 特任教員(知的財産・産学連携コーディネーター)  1名
所属部門等 産学連携推進部門
専門分野 問わない
職務内容 1.発明の発掘・評価、知的財産の出願から権利化に関する知的財産業務
2.知的財産の技術移転業務(ライセンス・譲渡等)
3.企業等との共同研究契約、秘密保持契約等の交渉と契約に関する業務
4.その他、知的財産を中心とした産学官連携活動に関する業務
応募資格 1.大学卒業以上の学歴を有する方(望ましくは、専門分野にて博士号の学位を有する方ま 
  たは同等の知識を有する方)
2.知的財産に関する知識を有する方(弁理士資格または知的財産管理技能検定2級以上を
  有する方)
3.産学官連携・知的財産に幅広い関心を持ち、社会貢献に寄与したい方(望ましくは、大
  学、企業、特許事務所等にて知的財産業務の経験が3年以上ある方)
4.部門内外の関係者(教員、研究者、学生等)と協力して円滑に業務を遂行できる方
5.コミュニケーションの能力に優れ、協調性のある方
勤務地 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3丁目5-1 静岡大学浜松キャンパス
採用予定日 平成30年9月1日以降出来るだけ早い時期
任期 平成31年3月31日まで(年度毎に更新の可能性あり:最長で通算10年まで)
※本学における特任教員の雇用年齢の上限は、70歳です
給与等の待遇 ・静岡大学有期雇用教職員就業規則、静岡大学特任教員規程による。
・フルタイム勤務:年俸制(年俸は年齢、職歴等を考慮の上決定)
・年俸の12分の1を基本給月額として、毎月の給与支給日に支給する
・社会保険(国家公務員共済組合)、雇用保険に加入、労災保険適用
・通勤手当、時間外労働手当有り
・住居手当、扶養手当、賞与、退職手当等の支給はありません。
勤務時間等 1.1日の所定労働時間 8:30~17:15(昼休憩1時間)(実時間7時間45分)
2.休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
3.休暇:年次有給休暇付与、特別休暇(夏季など)制度あり
提出書類 1.履歴書 1通(様式不問。写真添付)
2.職務経歴書 1通(様式不問。実務経験、職務内容を具体的に記載のこと。)
3.「産学連携の推進」または「大学知的財産の活用」に関する抱負(A4 1枚程度、図表可)
4.推薦書 1通(必須ではありません。)
書類提出先 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3丁目5-1
国立大学法人静岡大学 イノベーション社会連携推進機構長宛
封筒に「産学連携CD応募書類在中」と朱書きの上、書留にて郵送のこと。
※応募書類は返却致しませんのでご了承ください。
応募締切 平成30年7月25日(水)書類必着
※応募の状況により早期に締切る(締切りを延長する)場合があります。
選考方法 第一次選考:書類審査  
第二次選考:面接審査 
※第二次選考予定日 平成30年7月30日~8月3日の間に実施予定
※選考の結果は書面により連絡いたします。
その他 静岡大学では、浜松地域における光技術を基盤とした文部科学省「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」により、プロジェクト事業を実施しています。
お問合せ 産学連携支援課 山田 TEL:053-478-1666 
           Email:kenkyu3@adb.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ戻る