グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




2019年度「知的財産実践」特別講演


ホーム > お知らせ > 2019年度「知的財産実践」特別講演

特別講演

2019年度「知的財産実践」(知財インターンシップ)の事前演習第1回は、講師として中澤経営知財パートナー 代表 中澤 俊彦 氏をお招きし、知的財産に関する特別講演を行います。本プログラムの履修生だけでなく、学生や教職員、また地域企業の方など広く聴講可能ですので、ぜひご参加ください。

講演内容

「企業における知的財産の重要性 ― キヤノンを例に ―」
 企業は、売上・利益を確保する為にその商品やサービスが他と違い或いは他より優れていることにより、消費者から選ばれることが必要です。他社との違いや優位性を守り育てるのが知的財産です。従って、企業にとって技術開発等により知的財産を生み出し、守り育てることは極めて重要なことで有り、経営の要とも言えることです。
 近年、系列関係が崩れ、親会社から言われたものだけ作っていれば良い時代は終わり、企業は益々独自の商品・サービスの提供が必要となり、知的財産の重要性は益々増しています。
 この知的財産を生み出し、守り育て、経営に寄与するのが知的財産部門の役割です。知的財産に興味を持っている学生諸君に知財活動が活発なキヤノンを事例に企業の知的財産担当の業務内容と企業への貢献をお伝えします。これらを通じて企業での知財の仕事の面白さをお伝えできれば幸いです。

講演者プロフィール

中澤経営知財パートナー 代表 中小企業診断士
中澤 俊彦 氏


1955年 静岡県島田市生まれ
1977年 東北大学電子工学科卒業 キヤノン(株)入社 特許部配属
2011年 同社知的財産法務本部副本部長
2012年 中小企業診断士登録 知的財産活用ビジネス研究会に加入
2016年 キヤノン(株)退職 中澤経営知財パートナー設立
2017年 日本工業大学専門職大学院MOT客員教授
2019年 神奈川中小企業診断士会 執行役員

開催概要

日時 2019年6月6日(木) 16:05~17:35
会場 静岡大学 浜松キャンパス S-Port 3階 大会議室
対象 学生・教職員、地域企業の方
参加費 無料
申込み 事前申込制となりますので、下記参加申込みフォームよりお申し込みください
申込締切 2019年5月31日(金)

参加申込み

※ご登録頂いた個人情報は、本イベントの目的以外に利用したり
 ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。

参加希望の方は、右記申込みフォームより
5月31日(金)までにお申し込みください。



お問い合わせ

イノベーション社会連携推進機構
電話 053-478-1443
E-mail is-chizai@cjr.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ戻る