グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




(終了)静岡大学 新技術説明会 2014


ホーム > お知らせ > (終了)静岡大学 新技術説明会 2014

新技術説明会は大学、高等専門学校、国立研究開発法人の研究成果(特許)を実用化(技術移転)させることを目的として、新技術や産学連携に興味のある企業関係者に向けて、研究者(=発明者)自らが直接プレゼンする特許の説明会です。産と学の出会いの場を通して、説明会を主催する各研究機関がこの場で出会った産と学とをマッチングへと導きます。
日時 2014年11月7日(金) 13:00-17:15
会場 JST東京本部別館1Fホール(東京都千代田区五番町7 K's五番町)
参加費 無料
定員 150名
主催 国立大学法人静岡大学国立研究開発法人科学技術振興機構
共催 静岡TTO
後援 独立行政法人中小企業基盤整備機構
全国イノベーション推進機関ネットワーク
詳細・申込み http://jstshing.jp/shizuoka/2014/
お問い合わせ 静岡大学イノベーション社会連携推進機構 
TEL 053-478-1702   FAX 053-478-1711
E-mail ip-office@cjr.shizuoka.ac.jp

科学技術振興機構
産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ
TEL 03-5214-7519 Fax:03-5214-8399
E-mail scett@jst.go.jp

新技術説明会2014年版チラシ

出展・発表内容

静岡大学の社会・産学連携活動の紹介

静岡大学 副学長/イノベーション社会連携推進機構 機構長 木村 雅和

カリウムイオンエレクトレットを用いた新しいMEMS技術の展開

大学院工学研究科 機械工学専攻 教授 橋口 原

表面プラズモンアンテナ付きフォトダイオードによる屈折率測定

電子工学研究所 極限デバイス研究部門 教授 猪川 洋

並列処理指向型FPGAアーキテクチャ

大学院工学研究科 電気電子工学専攻 准教授 渡邊 実

光ファイバと超音波技術を用いた超高感度3Dタッチトリガープローブ

大学院工学研究科 機械工学専攻 教授 大岩 孝彰

資源量の豊富な黒鉛から高品質な還元型酸化グラフェンを量産化する技術の開発

大学院工学研究科 化学バイオ工学専攻 准教授 孔 昌一

亜臨界・超亜臨界流体を用いる炭素繊維強化プラスチックのリサイクル

大学院工学研究科 化学バイオ工学専攻 助教 岡島 いづみ 

環境データを高精度・高速に予測可能な機械学習システム

大学院情報学研究科 准教授 峰野 博史

ページの先頭へ戻る