グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




定型的試験


ホーム > 企業の方へ > 定型的試験

定型的試験は、大学が保有する大型実験装置等の有効活用を図るための制度です。

静岡大学では、グリーン科学技術研究所共同利用機器センター 及び各部局で保有する機器を学内の教育・研究に利用するだけではなく、 学外からの依頼分析(試験委託)を受け付けています。
ご利用にあたっては、「静岡大学定型的試験等に関するガイドライン」に基づき、 定型的試験依頼書を提出いただきます。

定型的試験のガイドライン、取扱要項、依頼書はこちら

機器使用料


その他、各部局の機器については、 産学連携支援課までお問い合せください。

定型的試験の手続き

定型的試験の利用手順

1. 申込み

ご利用の1か月前までに定型的試験依頼書をご記入の上、学術情報部産学連携支援課にご提出下さい。(メールで送付後、押印した本通を郵送頂けると幸いです。)
ご要望に適した機器の選定やどのようなデータを得たいのか等は、直接各センターにお問い合せください。各センターで機器担当者をご紹介しますので、測定に必要な期間や測定回数等は、直接相談いただきお決めください。

2. 審議・承諾

学内手続きの後、決定された測定期間や回数等に基づき、産学連携支援課より受託決定のご連絡と共に見積書をお送りしますのでご確認ください。

3. 経費お支払い

大学より送付する請求書に基づき、経費をお支払い頂きます。
原則として、定型的試験開始前までに入金手続きを行ってください。

4. 実施

定型的試験の期間内で試料の測定を行います。(測定時に依頼者の立会いをお願いする場合があります)

5. 試験結果報告

後日(可能であればその場で)測定結果をお伝えします。試料の測定等は各機器の管理責任者が行います。原則として、機器を依頼者が直接操作することは出来ません。

問い合わせ先

学術情報部産学連携支援課
電話 053-478-1666
FAX 053-478-1719
E-mail kenkyu3@adb.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ戻る