グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




学術・技術指導


ホーム > 企業の方へ > 学術・技術指導

企業等の業務活動において生じた課題について、本学が委託を受け、本学教員が教育、研究及び技術上の専門的知識に基づき技術指導、監修、各種コンサルティングなどの手段により課題解決を図るものです。
指導担当者・題目・内容・期間等についてご不明な点がありましたら、コーディネータが対応致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

学術・技術指導の手続き

手続きの流れ

学術・技術指導 手続きの流れ

1. 相談

コーディネータがサポートして学術・技術指導のマッチングを行います。
※マッチングには「技術相談制度」をご活用ください。必要があれば秘密保持契約書を締結します。

2. 申込み

イノベーション社会連携推進機構に、企業様等から申込書をご提出いただき、指導担当教員、指導期間、指導経費等を確認・調整します。

3. 審議・承諾

「申込書」に基づき書面審議の上、学術・技術指導を承諾し、承諾通知書を発行します。
※指導経費が100万円を超える場合、またご希望の場合には「学術・技術指導契約」の締結をいたします。

4. 経費お支払い

本学から送付する請求書に基づき、指導経費をお支払いいただきます。

5. 実施

指導担当教員が学術・技術指導を開始します。

6. 報告書作成

指導担当教員より指導報告書をイノベーション社会連携推進機構、産学連携支援課に提出します。

<留意点>
学術・技術指導をお申し込みの際には、静岡大学学術・技術指導要領を事前に良くご理解いただいた上で、お申込みください。

学術・技術指導に要する経費

企業等に負担いただく経費は、学術・技術指導に要する直接経費、及び間接経費(直接経費の20%)の合算額です。
なお、直接経費とは以下の費用を指します。
  • 学術・技術指導者の知識、ノウハウ等の提供の対価としての指導料
    ※本指導料は1時間につき1万円(税抜)より算定される額を最低といたします。
  • 学術・技術指導に直接必要な旅費及び交通費
  • 消耗品費及び印刷費等の物件費
  • 協力者にかかる人件費及び謝金
  • 上記を除く、直接的に必要となる経費

学術・技術指導の受入について

以下の場合は、学術・技術指導をお断りさせていただく場合があります。予め御了承ください。
  1. 教員の教育、研究及び技術上の専門的知識を必要としない内容である場合。
  2. 教員の本来の教育研究に支障をきたす恐れがある場合。
※事前に、本学技術相談制度を御活用いただくなど、教員、コーディネータとの事前の協議をお勧めいたします。

学術・技術指導の内容について

学術・技術指導で実施する内容は、「本学教員の研究及び技術上の専門的知識に基づいて行う技術的指導、監修・編集、コンサルティング」です。
以下の内容は含みませんのでご注意ください。
  • 教員が申込者(企業等)の外部役員等に就任した上で、申込者に指導を行う場合
  • 特定の課題を解決するものではない講演
  • 学生への教育を目的とした講義・授業
※上記3例について御希望の方は、本学の他制度を紹介いたします。

問い合わせ先

イノベーション社会連携推進機構
産学連携推進部門
電話 053-478-1718
FAX 053-478-1711
E-mail sangakucd@cjr.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ戻る